有名店の美味しいカレーの作り方・レシピ

 

美味しいカレーの作り方!スープカレー等、レシピの数も豊富。専門店を目指した手作りのカレーレシピ
美味しいカレーの作り方・レシピ
 

>>美味しい手作りレシピのサイトへ

 

カレーのレシピ
サイト運営局

【ご要望等お気軽に】

メールフォーム

yahoo検索へ

Google検索へ

youtubeへ

美味しいカレーのレシピを随時更新中!

このエントリーをはてなブックマークに追加


カレーの作り方(和風・洋風いろいろ)を掲載中

"そもそもカレーとは??"

ご飯(カレーライス)や、ナンに、スパイスを混ぜて煮詰めたソースをつけて食べる食品。

日本人で好きな方が多く、日本独自の文化が確立されている。カリー(Curry)とも言う。

カレー(Curry)という語の起源は、タミル語のKari(肉を意味する)が、

ポルトガル人によっていわゆるさまざまなスパイスを用いた

煮込み料理という意に転用されつつ紹介され、英国に入って世界中に広まったとされる。

日本の物は英国にからきたものが大日本帝国海軍の

メニューに出されたのがカレー文化の始まりとされている。

9世紀南インドの資料にも、寺院で、神への捧げものとして野菜を調理するのに、

ターメリック、クミン、コリアンダー、胡椒、マスタード、タマリンドが

もちいられたことが記されているそうな。そのほか

シナモン、クローブ、カルダモン、ナツメグ、フェンネルなども用いられていたとされる。

 …『"手作りカレー"にこんな調味料どうでしょう?』はこちら


一工夫でプロの味!本格王道カレーのレシピ

王道の旨カレーの作り方・レシピ

簡単手作り!和風カレー丼(定食屋風)のレシピ

和風カレー丼の作り方・レシピ

ほんの少しの工夫のみ、市販ルーを使ったカレーレシピ

ルゥへの一工夫のカレーレシピ

※市販ルゥに対してのワンポイント工夫レシピ
【材料】
市販のルゥ(どこのでもOK)※ただし必ず"甘口"を用意すること
ニンジン・牛肉等の一般的なカレーの材料

【作り方】
ルゥを入れるまでの煮込みの段階で鷹の爪・一味唐辛子(またはレッドチリパウダー)
を少し多めに入れて煮込むと甘くて辛いカレーに仕上がります。

市販のルゥを使わない場合は、
みじん切りのタマネギをじっくり茶色になるまで炒めたものを多めに使ったり、
すりりんごを加えたりして甘さを加減します。
辛さは一味唐辛子・レッドチリパウダーで加減します。
香りや味の調整は、その他のスパイス(シナモン・クミンシード・ターメリックなど)で、
最後の仕上げにガラムマサラを使います。 

ただ甘口に辛みの工夫とレシピとは遠いかもしれませんが、すごく美味しいです。

カレールゥを使わない、茄子と挽肉のキーマカレーのレシピ

【材料】(2〜3人前)
豚ひき肉 250g
なす2本
たまねぎ 2個
トマト 2個
クミンシード 小さじ1(ホール)
生姜 おろしたもの小さじ1
ニンニク おろしたもの小さじ1
赤唐辛子 1本(ホール)
カレー粉 大さじ2
コリアンダー  小さじ2(パウダー)
サラダ油  大さじ3
コンソメ   大さじ1(顆粒)
醤油    大さじ1
塩  大さじ1
水  600cc

【作り方】
@玉ねぎはみじん切りに、なすは乱切りに、トマトはざく切りにしておきます。
なすは切った後は水につけておきましょう。 鍋にサラダ油大さじ2を熱し、
クミンシードを入れて焦がさないように炒め、
香りがたったら玉ねぎを加えて茶色に色づくまで炒めます。
トマトを加えてペースト状になるまで水分を飛ばすように炒めます。

A別の鍋にサラダ油大さじ1、しょうが、にくにく、赤唐辛子を入れて火にかけ、
香りがたつまで炒めます。 豚ひき肉を加えて、ひき肉に火が通るまで炒め、
さらに水気を切ったなすを加えて全体に油がまわるまで炒めます。

B @の鍋にAを加え、カレー粉、コリアンダー、コンソメ顆粒、塩、醤油を加えて
全体をなじませます。 そこに水を加えて弱火で25分〜30分程度煮込みます。

C最後に味をみて、塩味が足りないようなら少しずつ加えて調整したら
茄子と挽肉のキーマカレーの完成です! 

   

 

 

 

 

Copyright(C)2011 有名店の美味しいカレーの作り方・レシピ All Rights Reserved.