有名店の美味しいおでんの作り方・レシピ

美味しいおでんの作り方!"だし"の作り方から材料の下ごしらえも詳しくレシピを掲載!
美味しいおでんの作り方・レシピ 

美味しい手作りレシピトップへ

yahoo検索へ

Google検索へ

youtubeへ


検索エンジン サイト登録宣伝無料AUL

個人サイト検索
あったかNAVI


有名店の美味しいおでんの作り方・レシピ に投票する

コミュサイト

検索エンジン無料登録.com

関東風・関西風の美味しいおでんの作り方レシピ形式で紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加


カツオと昆布の特製"美味しいおでんのだし"作り方を掲載中

おでん(御田)は、日本料理のうち、煮物料理の一種。鍋料理にも分類される。

だしを醤油等で味付けしたつゆに、大根、竹輪、コンニャク、ゆで卵など様々な

具材を入れて煮込んだ料理である。具材の種類は地域や家庭によって異なる。

醤油などで調味した出汁で大根や卵、こんにゃくなどを長時間味が滲み込むまで

煮込んだものがおでんです。火に掛けた後、

鍋の中でじっくり休ませて味を定着させるおでんの調理法もある。

元は煮込み田楽と呼ばれる料理だったのが、煮込みを省略しただの田楽になり、

女房言葉でおでんと呼ばれる。それが一般的に使われるようになった言葉である。

「おでんとは」百科事典より抜粋 


 ・・・季節(春夏秋冬)のおでんの作り方はこちら


あっさり美味しい♪薄味の『関西風』おでんの作り方・レシピ

関西風のおでんの作り方・レシピ

濃厚で美味しい♪濃味の『関東風』おでんの作り方・レシピ

関東風のおでんの作り方・レシピ


美味しいおでんの作り方は材料の下ごしらえが大事です(食材の調理法)

■こんにゃく
大量の塩でもむ、4〜5分放置し、そのまま沸騰した湯に入れて
5分ほど茹で中まで火を通す。ザルに上げそのまま冷ます(おかあげ)味を
優先するなら包丁せずに手でちぎるかスプーンでかきとる。

■厚揚げ・がんもどき
湯をかけるだけでは、油切れしません。熱湯で茹でましょう。

■昆布
できるだけ上等が良いです。ハサミを持ちながら結ぶ先から切り離していきます。
※水で洗ってはいけません。

■大根
3cmの大きさの輪切りにして裏側に十の形に薄く切り込みを入れ、米の研ぎ汁
又は水10に酒0.5と醤油0.2を加えた下煮汁でやや芯が残るくらいまで下ゆで。

■じゃがいも
板前は包丁で皮をむいてから料理に使いますが、美味しく食べるには
皮付きのまま茹でて(硬めに)熱々のうちに皮を手むきにしたほうがいいです。

■他の材料
野菜も肉も、そのまま使用してはいけません。下ゆで、揚げ、焼き、乾し、
必ずひと手間かけましょう。

おでんの煮込みのポイント(基本調理法/レシピ)

家庭で作るなら土鍋。これに勝る美味しいおでん鍋はありません。

※絶対におでんたねを一度に入れない
全部別煮するくらいの感覚で、火が入りにくい材料から順に入れる。

※大量の出汁
材料がかぶるくらいたっぷりの汁の中で泳がせる。

※煮過ぎは禁物
構えとしては、あらかじめ全部煮ておいた材料を、
おでん汁の中で炊き合わせるという感じでいいです。
1時間以上煮る必要はありません。材料の持ち味が全て消え去ります。

どんなアレンジでも自由度の高さがおでんの作り方の特徴です。
独自のセンスで料理の腕前を振るって下さい。

味噌田楽だれおでんの作り方・レシピ

味噌田楽おでんの作り方

味噌おでんの作り方
       

 ・・・季節(春夏秋冬)のおでんの作り方はこちら


 

 

 

 Copyright(C)2007 有名店の美味しいおでんの作り方・レシピ All Rights Reserved.
新しい美味しいおでんのレシピを随時更新致しております。

おでんのレシピバナー